<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

粗悪な製品と最善のサービス

今月初めにデジカメを購入しました。
それと同時に予備バッテリーと充電器も購入しました。
しかし、予算の都合からバッテリーと充電器はメーカー純正品ではなく、
海外メーカーの互換品をチョイスしました。
価格は純正品と比較して3分の1から4分の1で購入することが出来る反面、
不具合品・低耐久性・作りが粗雑等々のリスクも同時購入となります。
現に会社で以前、デジタルムービー用の互換バッテリーを買ったときは、
電池ケースの成形が雑で、端子部分に樹脂が覆い被さり、通電不良だったことがありました。
今回も買い物も悩みに悩んだのですが、その低価格に負けてしまい、
ハズレを引かないようにと祈りながら、ネット通販で注文しました。

2日程経過し、デジカメと互換バッテリー&充電器が手元に届きました。
恐る恐るピッカピカのデジカメに互換バッテリーを装着すると、
何も異常なく、カメラが起動しました。
今度は充電器にバッテリーを装着し、コンセントに接続すると、
こちらも何も異常なく、充電が開始されました。
さらにこの充電器は、純正品にはない、車のシガーライター電源での充電が可能です。
これで今回の買い物は問題なく無事安く良品を手に入れることができホッとしました。

そして今週の日曜日。
ちょこっと近間にノープランドライブへ出掛けるため、買ったばかりのデジカメを
カバンに入れました。電池残量が少なかった為、これはヤツの出番だと思い、
充電器とシガーライター電源用ケーブルも車に持ち込みました。
充電器にバッテリーを装着し、シガーライターにアダプターを差し込んでさぁ出発です。
すると・・・もくもくもくもく・・・
なっ、なんと、充電器から煙がでてくるではありませんか(汗)
すぐさま電源ケーブルを抜きましたが、しばらく充電器からは煙が立ち上っておりました。
そして車内には電子部品が燃えた時の独特な臭いが充満しました。
通電してすぐ煙が出て、すぐ取り外した為、車にも自分にもダメージは無かったのですが、
充電器は12V電源はおろか、100V電源使用も出来なくなってしまいました。

まさかのハズレ品でした。
ガッカリです。
でも自分の使用方法に落ち度はなく、完全なる粗悪品です。
これは通販会社に連絡をし、良品との無償交換をしてもらわなければと思い、
ショップのWEBサイトを確認したところ・・・
宮城県仙台市…
東日本大震災の被災地でした。そしてお店は現在休止中。
この大災害時に、充電器のクレームなんか相手にしていられないかも?
こんな時にクレームなんて連絡するなんて、非常識か?
充電器を分解して、運良く修理できることに掛けるか?
このまま泣き寝入りか?
色々考えましたが、これはこれ、それはそれだ!と考え直しました。
また、考えようによっては、別のお客さんが運転中に車内で火が出て大惨事になるかも
しれないので、私の情報は伝えてあげた方がお店の為でもあるなぁとも思いました。
ただしお店の状況も状況ですし、運送会社の問題もあるので、
ここは冷静に先ずは一報として連絡して、お店が落ち着いた頃に
連絡をくださいとして、メールを送信しました。

するとその数時間後、お店からお詫びのメールが届きました。
そしてなんと代替え品を本日中に発送してくれるとのこと。
お客に不良品を出荷したとすれば、一刻も早くの対応をするのが当たり前ですが、
この大変な時期に、それを即フォローしてくれたことに大変嬉しくなりました。
おまけに私にお怪我がありませんでしたか?と気遣いの言葉も添えてくれました。
怪我がなかったか聞きたいのはこっちの方だぜぇ~!
お店やスタッフさんは大丈夫なのかいぃぃぃ?

今、コレを書いている横で、代替え品の充電器は煙一つ出さず(←当たり前か)
バッテリーに電気を供給しております。
代替え品の入っていた袋には、詫び状と粗品も入っていました。

最初の製品は粗悪品でしたが、その後はプロフェッショナルな対応と安心を
お店側からいただいた、今回の買い物でした。
[PR]
by suginchi | 2011-03-25 00:57 | ぷちじけん

心のつかえ

3月11日 東日本大震災が発生しました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、
被災された方が一日も早く平穏な日々を取り戻せるようお祈りいたします。

この地震ではかつて無い大津波とともに、福島第1原発の事故が
大きく取り上げられています。
私の高校の時の友人も、何人か福島の原発で働いております。
その中でも一番交流の深い友人へ地震発生日の夜に電話をしてみました。
『電波の届かない所にあるか、携帯の電源が・・・』
このアナウンスを聞いて、仕事中か?それとも・・・(汗)
彼は絶対に無事だ!と根拠のない確信を持ちながらも、
でももしかしたら・・・などと悪いことも頭をよぎってします。

それから2日後の日曜日、彼の奥様からウチのママへ
無事を告げるメールをいただきました。
一安心したものの、直接本人の声を聞いていなかったので
なんとなくの心配が心に引っ掛かっておりました。

で、昨日18時。
彼から電話がきました。
家族も原発に勤める他の友人もみんな無事とのこと。
彼も元気な声で話しをしてくれたので、心から安心することができました。
これからも彼や家族や仕事や自宅のことで一杯大変なことがあると思います。
頑張れよ!応援しているぞ!
[PR]
by suginchi | 2011-03-16 12:43 | だいじけん