冬至

昨日は冬至でしたが、みなさんのお家では冬至の習慣はなにかされましたか?
我が家は晩御飯にカボチャを食べて、その後ゆず湯に入りました。
娘はみかんをはじめとして柑橘類が大好きなので、大喜びでお風呂に入ってました。
冬至にゆず湯に入ると風邪を引かないというような事が昔から言われてきた訳ですが、実際のところその効能はどうだか解りません。でも、効き目が有ろうが無かろうが、昔から日本人が言い伝えてきた風習を後世に繋げていくということに、大切な意味を感じます。
それに季節を感じることができて良いですよね。
ゆずを手にするのは冬至の日くらいですから。
ゆずポンなら、たまに手にしますが(笑)
f0025604_12403417.jpg

[PR]
# by suginchi | 2011-12-23 12:40 | かぞくのこと

真空断熱マグ

先日プラスチック製タンブラーの後継アイテムとして、ステンレス製の真空断熱ケータイマグを買った話しをしました。
あれから1週間チョット使ってみましたが、とにかく現代の保温性能の優秀さに驚いています。

毎朝ケータイマグにインスタントコーヒーを入れているのですが、夕方になると流石に熱いとまではいきませんが、ほんのり温かいと感じられる温度はキープしています。
逆に熱すぎるお湯を入れると、午前10時の休み時間にはまだまだ熱々で、ソフト猫舌の私には飲み難くて困ることがあります。
1週間の経験からすると我が家の電気ポットの表示で85℃~80℃位のお湯を入れると、10時休みにそこそこ飲めて、お昼は丁度良く、夕方まだ温かいということが解ってきました。
熱すぎにせよ、丁度いいにせよ、現代のステンレス真空断熱マグは丸1日温かいコーヒーを楽しめるマストアイテムということをしみじみ実感しました。

余談ですが、ステンレス真空断熱水筒などが無い時代は、重たーい魔法瓶の水筒でした。
遠足や登山に行くと、必ず魔法瓶を割っちゃう子が1人は居ましたが、私も1度やっちまった経験があります。
ガラガラ鳴る水筒を肩から下げて帰り、親に謝った記憶が微かにあります(笑)
ステンレス製真空断熱マグ、バンザイ!
[PR]
# by suginchi | 2011-12-21 19:59 | たわいもないこと

年の瀬近し

今年もあと半月を切りましたね。
年の瀬が近づくと、なにかと落ち着かなくてイヤです。
まぁ気持ちの問題だけでなく、仕事的にも家庭的にも例月よりやらなきゃならないことがいっぱいあるからなんでしょうけど。
私が師走で一番イヤなのが大掃除。すす払いして掃除機掛けて雑巾がけして…掃除自体も重労働だというのに、まずもって寒いのがイヤだ!
雑巾をバケツで絞っているときの、手が凍りそうなあの感覚を思い出すだけでも震えてしまいます。
そう言う意味では南半球に生まれていれば大掃除も少しは楽に感じたかもしれませんね(笑)
でもお盆のお墓掃除が極寒になるのか・・・
[PR]
# by suginchi | 2011-12-17 12:34 | たわいもないこと

他人の運転

今朝の通勤時は雨が降ったり止んだりするようなお天気でした。
いつもの交差点をいつもの様に右折する際、ちょっと前に同じ会社の社員の車が走っておりました。
雨は止んでいたのですが、路面は濡れていた為、その車が走ったところにはタイヤの跡が見て取れました。
何気なくそのタイヤ跡をなぞるように、自分で運転してみたところ、『えぇ、こんなラインなんだぁ』と自分とは異なった走行ラインに驚きました。
自分が普段走っているラインよりは結構路肩寄りで、私の感覚的にはもしも小学生が飛び出してきたらヤバイ!と少し心配するくらいの位置でした。
まぁ前車の車のスピードと私の車のスピードは同じかどうか解らないので、路肩に近いからどうのこうのという話しではないのですが、自分の運転と他人の運転との比較が出来て、なかなか新鮮な感覚を味わった瞬間ではありました。
憂鬱な雨の日の通勤時に、ちょっと面白い遊びを発見した今朝の出来事でした。
[PR]
# by suginchi | 2011-12-13 18:14 | たわいもないこと

タンブラー

私は会社にプラスチック製のタンブラーを持って通勤しています。
中にはインスタントコーヒーを入れており、無くなったら会社の自販機でコーヒーを買って注ぎ足ししております。
f0025604_199219.jpg
この写真のタンブラーは2代目で、1代目は某アーティストのファンクラブのノベルティとして貰ったもので、外側の透明ケースと内側の容器の間の保温層に自分でデザインした紙を入れて、オリジナルタンブラーとして使っておりました。
しかし、素材がプラスチックが故に、使用しているうちに各部の損傷や勘合が悪くなり、洗っていると水が保温層に浸透して、中の紙が濡れてきてしまうようになりました。

そこで、溜まっていた某企業のサービスポイントを使って新しいタンブラーを景品交換してもらいました。
がしかし、この2代目タンブラーもあっけなく保温層に水が入ってしまう困ったちゃんで、さらに困るのが中の紙が交換できない代物だったのです。
日に日に中の水滴は、領土を拡大していき、ビジュアル的によろしくない状態になっていきました。

そこで、とうとうお金を出してタンブラーを買うことにしました。
あれやこれや迷ったのですが、容量・外寸・蓋の開閉具合・握り具合・飲み口の形状・見た目の耐久性等々を判断して、チョットお高めのTHERMOS真空断熱ケータイマグとやらに決め、買ってきました。
本日初使いをしているのですが、流石に保温能力はプラ製のモノとは比較にならず、朝7:30頃に80℃のお湯を入れてきたのですが5時間経った今でもホットの缶コーヒーレベルの温かさをキープできております。
そして不思議なのは、いつもと同様にインスタントコーヒーを入れてきたのに、温度の違いでいつものコーヒーとは思えない美味さです。

f0025604_19111318.jpg

毎日のチョットした息抜きのためのアイテムですが、毎日使うものだけに、少し高くても納得のいくモノを買って良かったなぁと満足しています。

とは言えまだ今日しか使ってないから、耐久性は解りませんけどね(笑)
[PR]
# by suginchi | 2011-12-12 19:18 | たわいもないこと

それが自然の摂理?

みなさん朝のお目覚めはいかがですか?

段々と日の入りが早くなるにつれ、日の出時刻も遅くなって来るわけですが、そこに曇りという天気の要素が加わると、起床時刻でも真っ暗なのが最近の状況ですよねぇ。
太古の昔、人間は日の出とともに起床して、日の入りとともに就寝していたらしいのですが、そのリズムが人間を含めた動物には自然なのでしょうか?
日の出が遅くなるにつれ、ここ最近朝のお目覚めがスマートにいかない今日この頃です。

暗いという理由の他に寒くて布団から出たくない気持ちも重なり、自分自身だけでも起きるのに苦労しているというのに2人の子供も同じ状況になっているものですから、尚更苦労します。
『おい!起きろぉ~!!』っと声を掛けたまま、自分でも意識が遠くなり、自分のまぶたを無理矢理こじ開けては子供に声を掛けるということを繰り返して、結局3人が完全に布団から出るのが目覚まし時刻から20分後位とう有り様です(泣)

これからもっと寒くなると思うと、起床が憂鬱でしかたないです。みなさんは毎日苦労してませんか?
[PR]
# by suginchi | 2011-12-07 12:40 | かぞくのこと

最近のブーム

雪国への衣替えが間近に迫る今日この頃。
お休みの日の活動もインドア中心になってきましたが、そんな最近の我が家の流行は『読書』です。
それも本屋さんではなく、市の図書館に行って自分の読みたい本を借りてきます。
今のところ子供達二人分のカードを登録してあるので、最大20冊を借りることができ、
時々私やママも1,2冊便乗して借りますが、基本的には子供達が一人で6,7冊を借りてきます。
息子は小さな頃から電車が好きなのに加え、ここ最近では車好きの芽がめばえ、借りる本のほとんどが『鉄道』とか『自動車』系ばかりです。
娘は日頃目立って興味を引かれているモノがないので、子供向けの物語を借りてきてます。

私は相変わらず、明治大正の絵はがきが掲載された本とか、古地図の載っている本などを探して
図書館内をウロウロしています。
で、意外と面白いのが、貸出は出来ないのですが、昔の新聞記事が網羅された新聞縮刷版です。
テレビ欄を見て懐かしむのは基本的な楽しみ方ですが、私的一番の楽しみ方は下段にある広告欄を見ることです。
自動車や家電製品の広告などは、今や当たり前の機能について、当時はその製品のセールスポイントになっていて驚いたり、昔自分の家に有ったモノの広告などがあって懐かしんだりと、ディープな楽しみ方を満喫できます。

一度本を借り始めると、返却のタイミングでまた借りてしまうので、当面図書館通いが続く気がしていますが、なにせ無料で利用できるのが、貧乏人にとっては嬉しい限りです。
それに、息子はともかく、娘が何に興味を持っているのか?借りた本から推測するのも密かな楽しみです。
巷では読書の秋などと言われますが、我が家では『読書の冬』が到来しております。
[PR]
# by suginchi | 2011-12-05 18:40 | かぞくのこと

スノーラくんいらっしゃい

昨日、
新しい中古除雪機が納車されました。やはり前に使っていたのよりワンランク上の代物なので、ガタイがデカイ!という印象を受けました。お店にあった時は他にもっと大きい除雪機もあったので、コレがそんなに大きい感じは受けませんでしたが、我が家で見ると流石にワンランク上の体格が実感できます。
ただ実力がワンランク上かどうかは、今後の実践での評価になりますね。
ちなみに公表値での新旧比較的には
排気量:1.40倍
馬力:1.38倍
乾燥重量:2.24倍
除雪幅:1.53倍
最大除雪量:1.84倍
最大投雪距離:1.50倍
となります。
早くその真価を確認したいと思う反面、除雪はしたくないなぁ~というのが本音であります。

f0025604_7554893.jpg

[PR]
# by suginchi | 2011-12-04 07:58 | たわいもないこと

スノーラくんお疲れ様

この古ーい除雪機は我が家で25年程前に中古で購入したモノです。
以来、降雪時期は年に数回、雪に閉ざされた我が家と県道との間の除雪を担ってきました。
しかし、最近ではエンジンパワーが衰えてきた感があり、投雪距離が短くなっていたり、
立ち往生し易くなったりと、老朽化を強く感じるようになりました。
大々的なオーバーホールでもしてやれば良いのでしょうが、
朝の除雪作業の時間短縮を思えば、ワンランク上の除雪機がいいなぁと感じておりました。

そして、ついにウチの爺さま(スポンサー様)が新しい『中古除雪機』を買うことを決心し、
先日爺さま・倅・私の3人で、中古マシーン探しの旅に出てまいりました。
流石に師走を意識するこの頃には、中古除雪機市場には在庫はなく、どこもかしこも
“売約済み”の札を垂らしたマシーンばかりでしたが、
それでもなんとかワンランク上の手頃な除雪マシーンを探しだし契約を行えました。
新しい『中古除雪機』と言っても、製造されて20年は経っているだろう代物で、
今まで使っていた除雪機よりは数年新しいレベルのモノです。

そしてそれが明日納車される訳ですが、コイツの実力は、雪の降る頃にココで報告します。
で、今まで使っていた除雪機ですが、先週の日曜日に
爺さまのお知り合いさんのところに貰われていきました。
私が軽トラに積み込み、あの除雪機にとっては3代目のご主人さんが
運転をして我が家を去って行きました。
見送った私の心の中では『ドナドナドーナ、ドーォナァ~♪』と悲しい名曲が鳴り響いておりました。
25年お世話になった除雪機が新しいお家で活躍することを祈っております。

f0025604_20375216.jpg

[PR]
# by suginchi | 2011-12-02 20:40 | たわいもないこと

グレーの空とブルーの空

今日は全国的に冬型が強まり、日本全体に寒ーい1日みたいですね。
でも冬の空のイメージは?と聞かれて、関東地区にお住まいの方と、日本海側に住んでいる我々とでは感じ方が違うのではないでしょうか。
私の主観ですと、関東地区は「降っているか晴れているか」って感じですが、日本海側ですと「降っているか降っていないか」になります。
先週の金曜日に仕事の都合で埼玉まで行きましたが、空模様はこんな感じでした。

帰りの写真になりますが、関東地区(赤城高原)↓
f0025604_12295910.jpg



その40分後の日本海側(湯沢)↓
f0025604_1231373.jpg



まるで別世界ですよね。
これから我々の住む世界ではグレーの空がデフォルトになります。
関東のブルーの空が羨ましく思えるのですが、
その分、春めいた日のあの青空を心から喜べるのは日本海側人の特権なのでしょうか。
[PR]
# by suginchi | 2011-12-01 12:36 | たわいもないこと